配管材料・接続方法

 「配管」の問題は「保安」のみで問7あたりに出題されています。

 テキストは『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P149 (11 配管)>です。

Back to top ↑

配管材料

 配管材料の記号や性質等、わりと手強いと思われ。テキスト<8次:P150 (11.2 配管材料)

・フルオロカーボン冷凍装置の冷媒配管に銅管を使用できるが、腐食の問題から鋼管は使用できない。 H14ho/07 答え

【×】 問題をよく読んで、銅管と鋼管の文字の違いに注意しよう。
 フルオロカーボンは、銅管も鋼管も腐食の問題はない。テキスト<8次:P150左 (11.2 配管材料) (b)>辺りから読み取るしかないかな。

・アンモニア冷凍装置の配管に、配管用炭素鋼鋼管(SGP)を使用した。 H15ho/07 答え

【×】 配管用炭素鋼鋼管(SGP、ガス管)は、毒性冷媒、設計圧力1Mpaを超える、または、100℃を超える耐圧部分は使用不可。 テキスト<8次:P150右 (11.2 配管材料) (f)>です。

・アンモニア冷凍装置の低圧側運転圧力が0.5MPa以下なので、配管材料として配管用炭素鋼鋼管(配管用炭素鋼管)(SGP)を使用した。 H21ho/07 答え

【×】 ぅむ、とにかくSGPは、毒は駄目。

・配管用炭素鋼鋼管(SGP)を-35℃の低温用配管として使用した。 H22ho/07 答え

【×】 ぅ~ん、-25℃だ。覚えるのが大変だね。STPGは-50℃だから、-25と-50を記憶に留めておけばよいかな。  テキスト<8次:P150左~右 (11.2 配管材料) (d)>です。

・低温配管では、圧力配管用炭素鋼鋼管(STPG)は-25℃まで、配管用炭素鋼鋼管(SGP)は-50℃までは使用することができる。 H24ho/07 答え

【×】 ぉ、おい! SGPとSTPGが逆でないの!
 結局全部覚えなさいと…。健闘を祈る。

・アンモニア冷媒の配管材料として、銅管及び銅合金は使用できない。また、フルオロカーボン冷媒では、2%以上のマグネシウムを含有したアルミニウム合金は使用できない。
 H16ho/07 答え

【◯】 ピンポン。

・アンモニア冷媒の配管材料として、銅および銅合金は使用できない。また、フルオロカーボン冷媒では、2%を超えるマグネシウムを含有したアルミニウム合金は使用できない。
 H25ho/07 答え

【◯】 ぅむ!(H16年度と四文字ちがい。)

Back to top ↑

接続方法(継ぎ手)

 継手の問題は、ポツリポツリと出題されるようですねぇ。これもわりと、手強い。ろう材がポイントかな。それと、ろう付け温度の把握。<8次:P151>

・外径25.4mmの銅管をろう付けにより接合する場合、ろうによる接着力とせん断に対する抵抗力で強度をもたせるものであるから、はまり込み深さを50mm以上、隙間を0.5mm以上にした。H18ho/07 答え

【×】 この問題は、今までにない問題だね。(2007(H19)/12/08記す)
 具体的な数字が出ているから困ってしまう。こんなの覚えきれないでしょ!
 実際仕事するんだって、該当書類を見ればいいことなんだから!・・と、
 文句を言ってもしょうがないので、表を見ると(テキスト<8次:P151 表11.3>)、外径45㎜でも最小はまり込み深さは14㎜になっているから、問題の50㎜っていうのは 明らかに大きすぎておかしい…と、気が付けばいいんだけど。(隙間0.5mmも微妙だね)良くいえばある意味サービス問題かも。

・銅管は、銀ろうや黄銅ろうなどのろう材を使用し、ろう付けにより接合する。ろう付けは、銅管を差し込んで接合面を重ね合わせ、その隙間に溶けたろう材を流し込み溶着させる。差込みの最小深さは3 mmとする。 H24ho/07 答え

【×】 ぉい!今度は3ミリって、少なすぎでしょ!w
 しかも、管径に関係なく!?…人をバカにしないでください!と、興奮しないように。テキスト<8次:P151表11.3>を、一度よく見ておけば、貴方なら余裕で解ける。

・銅管の接合にはろう付けが使用され、ろう材には銀ろう(BAg)系が使用されるが、黄銅(BCuZn)系のろう材も使用される。 H20ho/07 答え

【◯】 ぅ~ん、ここまで覚えなきゃいけないの!
 と、叫びたくなる問題。テキスト<8次:P151>を一度、集中して読んでおくとなんとかなるかも・・・。

・ろう付けに使用するろう材はBAg(銀ろう)系とBCuZn(黄銅ろう)系があるが、ろう付け温度はBAg系のほうが高い。 H22ho/07 答え

【×】 ぁ~なんという問題。
 BAgの方が低いと覚えるしかないかな。健闘を祈る。

・銅管のろう付けは、 BAg(銀ろう)系、BCuZn(黄銅ろう)系などのろう材を使用し、銅管にろう付け継手を差し込んで接合面を重ね合わせ、その隙間にフラックスを用いて溶けたろうを流し込み溶着させる。ろう付け温度は、BAg系のほうがBCuZn系よりも高い。 H26ho/07 答え

【×】 こんなのわからんヨ!
 ま、テキスト的には<8次:P151左~右>に記されているんだけどね…。
 それによれば、BAg系ろう材は625~700℃で、BCuZn 系のろう材は850~890℃と記されている。
 ということは、ろう付け温度は、BCuZn系のほうがBAg系よりも高い。と、いうことになる。または、ろう付け温度は、BAg系のほうがBCuZn系よりも低い。
 --------------
 ろう付け温度まで、受験者は把握しなければならないのか…。健闘を祈る!

・銅管のろう付けに使用するろう材にはBAg系とBCuZn系のろう材があり、BAg系のほうがろう付け温度が高い。 H27ho/07 答え

【×】 そんなもん知らんがなーァア。2年続けてってかぁ~!と、叫びたい。
 ま、2種類だけの比較にとどまるだろうから、美味しい問題になったかも…。
 テキスト的には<8次:P151左~右>辺りに記されてるから読めば分かる。BCuZn系のほうが温度が高い。健闘を祈る。

・フランジ継手などで取り外しの必要のない鋼管は、ろう付けによって接合する。ろう付けにはBAg系のろう材がよく使われている。 H28ho/07 答え

【×】 フランジ継手は取り外したい場所に使用するんだよね。ろう付け云々は正しいよね。テキスト<8次:P151>

 05/05/21 07/12/08 08/01/20 09/03/08 10/10/10 11/07/28 11/07/28 12/05/20 13/09/27 14/09/05 16/09/16 17/03/04

Back to top ↑

【コラム】冷媒配管とは

 冷凍サイクルを完成させる冷媒を通る配管を冷媒配管という。

コラム「配管とは」の表

 高圧側と低圧側の配管をイメージしておくこと。「上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会」<8次:P149~>を熟読しておきたい。

・冷凍サイクルは、一般的に圧縮機→油分離器→凝縮器→受液器→膨張弁→蒸発器→圧縮機の順に冷媒が循環する。これらの機器を結ぶ冷媒配管は、高圧側の吐出しガス配管および液配管、低圧側の液(気液混合)配管および吸込み配管の四つに大別することができる。 H27ho/07 答え

【◯】 この問題はココ。このコラムにピッタリの問題ですね。テキストは<8次:P149左>

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/28 新設】(← 履歴をここに作った日

  • テキスト8次改訂版へ対応済み。解説見直し。(2017(H29)/01/05)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^