蒸発器の霜(保安編)

 ふと心寒くなる霜、霜、霜。たかが霜されど霜。と、いったところでしょうか。

 保安の問題は『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P212((2) 霜付きの影響)>辺りをどうぞ。

Back to top ↑

霜の影響(保安編)

 熱通過率がポイントかな。

・蒸発器に厚く霜が付着すると、熱通過率が低下するので蒸発温度は上昇する。 H14ho/03 答え

【×】 蒸発温度は低下してしまう。
 この問題文は、1行しかないけど、けっこう奥深い問題、平成18年度にも、さりげなく出題されている。テキスト<8次:P212(例題 15.7 (2)(a))>この例題は熟読要す。

・蒸発器に厚く着霜すると、伝熱性能が低下するので、蒸発温度は上昇する。 H18ho/03
 答え

【×】 つまり、冷媒はどんどん蒸発しているんだけど、熱交換がわるくなっているから、負荷(冷凍魚とか、アイスクリームとか)から温度を奪えない。
 なので、冷媒の蒸発温度は下がっていく。で、温度が上昇するのは、霜の向こう側にある冷凍魚とかアイスクリームとか氷とかで、溶けてしまう。
 なんとなく、分かってきたかな?冷媒の蒸発温度とアイスクリームに接触している蒸発器の温度との、違いを理解しよう。

・空気冷却器に厚く着霜すると、空気側の熱伝導抵抗が大きくなり、熱通過率が低下し、蒸発圧力も低下するので冷凍能力は減少する。 H21ho/03 答え

【◯】 ぅむ。テキスト<8次:P212左((2) 霜付きの影響)

・熱通過率が低下する原因として、水冷却器における水あかの付着、空気冷却器における霜の付着や前面風速の減少、蒸発器内の油の滞留などが挙げられる。(低圧部保守管理について) H25ho/03 答え

【◯】 この問題はココでいいゃ。
テキストは<8次:P211右下((1) 熱通過率の保持)~>を読むべし。まさに問題文の通りです。

 05/09/16 07/12/13 08/06/29 09/03/14 10/10/06 12/04/24 12/04/25 13/10/09 14/09/15 16/12/23

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/11 新設】(← 履歴をここに作った日

  • テキスト8次改訂版へ対応。解説も少々見直し済み。(2016(H28)/12/23)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^