吸込み配管-蒸気速度

 具体的な数値が出てくる。「吸込み、吐出し共に、横走り管3.5m/s以上、立ち上がり管6m/s以上」これを覚えておこう。

 『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P155左 (11.4.3 吸込み配管) ~ ((1) 吸込み蒸気配管の管径)>です。

Back to top ↑

吸込み配管の蒸気速度

 「以上」という2文字を頭に入れておきましょう。

・冷凍装置の乾式蒸発器では、吸込み立ち上がり管より潤滑油を圧縮機に戻すため最小蒸気速度を確保しなければならない。 H14ho/07 答え

【◯】 ぅむ。
 テキスト<8次:P155右上 ((1) 吸込み配管蒸気配管の管径 (b))>です。
 冷媒流速が遅すぎると油が戻りにくくなる。(横走り管3.5m/s以上、立ち上がり管6m/s以上

・圧縮機吸込み管立ち上がり部の流速は、3m/s以下がよい。 H13ho/07 答え

【×】 ぅむ! 6m/s以上です!
 配管の問題は、貴方を惑わす楽しい?問題が作り放題です。

 「横走り管3.5m/s以上、立ち上がり管6m/s以上(吸込み、吐出し共に)」これ覚えて損は無い!
 吸込み配管の流速は<8次:P155右上 ((1) 吸込み配管蒸気配管の管径 (b))
 吐出し配管の流速は<8次:P152右上 ((1) 吐出し配管の管径 (a))

・フルオロカーボン冷凍装置では、吸込み配管内の蒸気速度が大きいと、流れの抵抗による圧力降下が大きくなるので、一般に立ち上がり管での蒸気速度は3m/s以下になるように管径を決める。 H16ho/07 答え

【×】 ぅむ。6m/s以上だー!!
 フルオロカーボン冷凍装置では、油の同伴に必要な最小の蒸気速度を確保し、必要な蒸気速度は横走り管3.5m/s以上、立ち上がり管6m/s以上」ですね。<8次:P155右上 ((1) 吸込み配管蒸気配管の管径 (b))

 ちなみに、(参考として記す。)
 「3m/s」は、ユニットクーラの全面風速の数値に使われている。テキスト<8次:P102左真ん中チョと下辺り>混同するかな!?

・フルオロカーボン冷凍装置の蒸発器から圧縮機への配管内の蒸気速度は、横走り管では3.5m/s以上、立ち上がり管では6m/s以上がよい。 H22ho/07 答え

【◯】 ぅむ!珍しく(失礼)素直なよい問題だ。
 テキスト<8次:P155右上 ((1) 吸込み配管蒸気配管の管径 (b))

・フルオロカーボン冷凍装置の蒸発器から圧縮機への横走り管では、冷媒蒸気流速を3.5m/s以上となるように、吸込み配管の配管径を決定する。 H24ho/07 答え

【◯】 ぅむ、全くその通り!テキスト<8次:P155右上 ((1) 吸込み配管蒸気配管の管径 (b))

 05/05/21 07/12/08 08/01/20 09/03/08 10/10/10 11/07/28 11/07/28 12/05/20 13/09/26 14/09/05 17/01/06

Back to top ↑

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/29 新設】(← 履歴をここに作った日

  • テキスト8次改訂版へ対応済み。解説見直し。(2017(H29)/01/05)
  • 立ち上がり管の蒸気速度3.5m/s → 6m/sに訂正。(2019(R1)/09/25)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^