吐出し配管

 吸込み配管と混同しないように、「吐出し配管、吐出し配管、吐出し配管」と念じるように、常に頭に入れて問題を解くようにしよう。

 『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P152右~>に、吐き出し配管の施工上最も大切なことが書いてあるのでよく読んで頭にいれておくべし!

Back to top ↑

配管径

 

管径に関連してテキストには流速の数値がたくさん記されている。他のページにもあるので、混同しないようにmemoしたほうが良いかも。

吐出し配管の適切な管径の冷媒速度概略図

・圧縮機の吐出し配管径を決定する際に、確実に冷媒ガスに吐出された油が同伴される流速を確保できるように、立上がり吐出し配管内の冷媒ガス流速を7m/sとした。 H21ho/07 答え

【◯】 ぅむ、7m/sが鍵ですね。
 テキストを読んで覚えるしかない。(横走り管3.5m/s以上、立ち上がり管6m/s以上)テキスト<8次:P201右上 ((1)吐出しガス配管の管径 (a))

・吐出しガス配管は冷媒ガスとともに圧縮機から吐き出された油が冷媒ガスに確実に同伴されるように、一般的には、冷媒ガスの流速が横走り管で3.5m/s以上、立ち上がり管で6m/s以上となるとともに、冷媒ガスの弁の絞りや管の摩擦抵抗損失による圧力降下は0.02MPaを超えないように配管径を決める。 H29ho/07 答え

【◯】 うむ。勉強してあれば楽勝。テキスト<8次:P201右上 ((1)吐出しガス配管の管径 (a)と(c))

Back to top ↑

勾配

 吐出し配管になんで勾配を付けるかを把握すれば、鉛筆を転がさなくても良いでしょう。テキスト<8次:P152右 ((2) 吐出しガス配管施工上の注意)>の冒頭部分。

吐出し配管の下がり勾配概略図

・圧縮機吐出し配管の水平部(横引き部)は、下り勾配がよい。 H13ho/07 答え

【◯】 圧縮機が停止しているとき、配管内で凝縮した冷媒液や油が逆流しないように下り勾配(凝縮器側に流れるように)にする。 テキスト<8次:P152右 ((2) 吐出しガス配管施工上の注意) (a)と図11.2>

・圧縮機から凝縮器に至る吐出し配管を上がり勾配とした。 H17ho/07 答え

【×】 サービス問題!

・圧縮機の吐出し配管は上り勾配とし、圧縮機停止時に、油を圧縮機に戻すようにするのが望ましい。 H21ho/07 答え

【×】 油を圧縮機に逆流させない(戻さない)ようにすべし!
 水平部は下り勾配で凝縮器へ。テキスト<8次:P153 図11.2>で考えればよい。(圧縮機と凝縮器の高さが同じ)そのうち、高さが違う場合の問題が出るかな…?

・圧縮機と凝縮器とが同じ高さに設置されている場合の吐出し管は、圧縮機が停止しているときに油や管内で凝縮した冷媒液が圧縮機に逆流しないように、圧縮機からいったん立ち上がり管を設けてから下がり勾配で凝縮器に接続する。 H26ho/07 答え

【◯】 ぅむ、ズバリそうですね! テキスト<8次:P153 図11.2>

・圧縮機と凝縮器が同じ高さに設置されている場合は、圧縮機が停止しているときに油や管内で凝縮した冷媒液が圧縮機に逆流しないように、まず最初に圧縮機から立上がり管を設け、次に下がり勾配で凝縮器に配管する。 H29ho/07 答え

【◯】 H26年度と同等の問題です。日本語の微妙な言葉使いをお楽しみください。解説略。

Back to top ↑

トラップ

 凝縮器と圧縮機の高低差の大きさに応じて、不要だったり設けたりってところがポイント。

吐出し配管の立ち上がりとトラップ概略図

・凝縮器が圧縮機の上方7mにあるとき、立ち上がり配管の下部にトラップを設けた。 H17ho/07 答え

【◯】 「上方7m」がポイント。勉強してないと分からない。これが2.5m以下だと、また違ってくるよ。
 吐出し配管においてもっとも重要なことは「圧縮機が停止しているときに、油や液が逆流してこないこと」 ← 一度テキスト<8次:P153左上(b)と図11.3右>よく読んで(図に書いてみるといい)、過去問こなせば大丈夫のはずだ。

・凝縮器が圧縮機よりも高い位置に設置されている場合に、圧縮機が停止しているときに、油や管内で凝縮した冷媒液が圧縮機に逆流しないように、吐出し管の高低差の大きさに応じてトラップを設けることがある。 H23ho/07  R01ho/07(  場合に、 の  がない、あと同じ。) 答え

【◯】 はい、その通り。
  高低差の大きさに応じて  で確信を得られれば素直な良い問題だね。テキスト<8次:P153左上(b)>を読み、図11.3左と右の図ををジッと見つめる。

Back to top ↑

2台以上の圧縮機

 「逆止め弁」がポイントかな。テキスト<8次:P153(d)と図11.5>

2台の圧縮機吐出し配管の立ち上がりと逆止弁概略図

・2台以上の圧縮機を並列運転する場合は、それぞれの圧縮機吐出し管に逆止め弁を取り付けるのがよい。 H14ho/07 答え

【◯】 1台が停止中に圧縮機に冷媒が入り込んで油に溶け込まないようにする。テキスト<8次:P153(d)と図11.5>

・2台以上の圧縮機を並列運転する場合、それぞれの圧縮機の吐出し配管に逆止め弁を取り付け、停止している圧縮機に吐出し管内の冷媒や油が流れ込まないようにする。 H20ho/07 答え

【◯】 ぅむ、テキスト<8次:P153(d)と図11.5>を読もう、図をジーっと見よう。

・圧縮機2台の並列運転の装置で、各々の圧縮機の吐出し側に逆止め弁を取り付けなかった。 H21ho/07 答え

【×】 ぅむ。サービス問題!?

・フルオロカーボン冷凍装置で、2台以上の圧縮機を並列運転する場合には、それぞれの圧縮機の吐出し管に逆止め弁を取り付け、停止している圧縮機の油に冷媒が多量に溶け込まないようにする。また、各圧縮機は同一レベルに設置し、クランクケース内の油量が同じになるように、均圧管および均油管で結ぶ。 H26ho/07 答え

【◯】 ぅむ、全くその通りとしか言いようがない。テキスト<8次:P153(d)>ズバリだね。

・2台以上の圧縮機を並列運転する場合には、それぞれの圧縮機の吐出しガス配管に逆止め弁を取り付ける。それぞれの吐出しガス配管を主管に接続するときは、主管の上側(上面側)に接続する。 H28ho/07 答え

【◯】 ぅむ。楽勝やね。

 05/05/21 07/12/08 08/01/20 09/03/08 10/10/10 11/07/28 11/07/28 12/05/20 13/09/26 14/09/05 15/07/04 17/12/19

Back to top ↑

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/28 新設】(← 履歴をここに作った日

  • テキスト8次改訂版へ対応済み。解説見直し。(2017(H29)/01/05)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^