水冷凝縮器:構造(ローフィン)

 ローフィンチューブに関しての問題を集めてあります。

 問題文はテキストの文章をひねっているので、よく読んで、勘違いして涙目にならないように注意。「保安」でも「学識」でも出題されます。

Back to top ↑

構造(ローフィン)

 『SIによる 上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』学識編<8次:P88左~>の「ローフィンチューブの利用」を熟読しておきましょう。

 保安編では<8次:P203右~>です。

 テキスト<8次:P89>の図7.15を参考にして、イメージを組み立てましょう。

・フルオロカーボン用水冷凝縮器は、管外冷媒側の熱伝達が冷却水側の熱伝達よりも悪いのでローフィンチューブを利用している。 H13ga/05 答え

【◯】 これは学識の問題なので<8次:P88左>を読んで。
 「管内は冷却水、管外は冷媒」冷却水側の熱伝達率は冷媒側の2倍以上大きい、なので、冷媒側(管の外側)にフィンを設け伝熱面積を大きくしている。

Back to top ↑

ローフィンチューブ(学識編)

 テキスト<8次:P88左~>、ひと通り読んでね。

・水冷凝縮器では、一般に管内冷却水側の熱伝達率と冷媒側のそれは同程度である。 H18ga/05 答え

【×】 これはサービス問題!
 これを落とすようなら勉強不足。冷却水側のそれは冷媒側の2倍以上大きい、なので、冷媒側の面積を・・・<略>テキスト<8次:P88>のローフィンチューブの利用を読むべし。

・水冷凝縮器では、冷媒側の熱伝達率が冷却水側のそれの2倍以上と大きいので、冷却水側にフィン加工して伝熱面積を大きくしている。 H16ga/05 答え

【×】 典型的な引っ掛け問題!問題をよく読もう。正しい文章にしておきましょう。

  水冷凝縮器では、冷却水側の熱伝達率が冷媒側のそれの2倍以上と大きいので、冷却水側にフィン加工して伝熱面積を大きくしている。

・フルオロカーボン用水冷凝縮器では、冷却水側の熱伝達率が冷媒側のそれの2倍以上と大きいので、冷媒側にフィン加工して伝熱面積を拡大している。 H21ga/05 答え

【◯】 今度は◯ですよ。 問題をよく読んで、もて遊ばれないようにしよう。

・水冷凝縮器は、冷却管内を冷却水が流れ、管外面で冷媒蒸気が凝縮するのが普通であり、冷媒側の熱伝達率が冷却水側のそれの2倍以上大きい。 H22ga/05 答え

【×】 これは、構造と伝達率の関係を把握してないと駄目だね。
   水冷凝縮器は、冷却管内を冷却水が流れ、管外面で冷媒蒸気が凝縮するのが普通であり、冷却水側の熱伝達率が冷媒側のそれの2倍以上大きい。

・水冷横形シェルアンドチューブ凝縮器では、冷却水側の熱伝達率が冷媒側より大きいので、管外面の冷媒側にフィン加工して伝熱面積を拡大する工夫をしてある。その代表的な冷却管がローフィンチューブである。 H27ga/05 答え

【◯】 その通りとしか言いようが無い。テキスト<8次:P88左>

・水冷横形シェルアンドチューブ凝縮器では、一般に、冷却水側の熱伝達率が冷媒側の熱伝達率より大きいので、管外面の冷媒蒸気側にフィン加工して伝熱面積を拡大する工夫をしている。その代表的な冷却管がローフィンチューブである。 R02学/05 答え

【◯】 H27年と違う部分に下線を引いてあります。ま、解説はそれだけだけど。(問題作成時に令和になって、コピペ禁止になったのか、微妙に正しい文に修正しているのか、定かではない。)

・水冷横形シェルアンドチュープ凝縮器では、一般に管内冷却水側の熱伝達率は冷媒側のそれより小さい。 H30ga/05 答え

【×】 バツです。正しい文章にしておきましょう。

   水冷横形シェルアンドチュープ凝縮器では、一般に管内冷却水側の熱伝達率は冷媒側のそれより大きい

Back to top ↑

ローフィンチューブ(保安編)


 ここの問題は、 「合理的運転と保守管理」>「高圧部の保守管理」へ引っ越しました。 (2020(R2)/01/02)


05/10/01 07/12/12 08/02/03 09/03/20 10/09/28 11/08/01 12/04/16 13/10/09 14/09/13 15/06/29 16/12/03 17/03/01 19/09/14 20/11/26

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/06/29 新設】(← 履歴をここに作った日

  • 学識の問題と、保安の問題を、分けた。(2016(H28)/09/09)
  • テキスト8次改訂版へ対応。解説も少々見直し済み。(2016/12/03)
  • 問題分類を見直し(2019/06/01)
  • 解説文見直し。(2019/09/14)
  • 「ローフィンチューブ(保安編)」を「合理的運転と保守管理」>「高圧部の保守管理」へ引っ越し。(2020(R02)/01/02)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^