1種冷凍学識計算講習検定試験攻略-問5:平成28年度

EchoLand-plus

薄肉円筒胴圧力容器を設計する

 特に問題ないでしょう。

 注)  最高使用圧力 は、『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』8次改訂版(H27(2015)/11/20改訂)では、  限界圧力 と変わっています。

第一種冷凍機械責任者試験 平成28年度(講習検定試験)

問5 下記仕様の薄肉円筒胴圧力容器を設計する。次の(1)および(2)について、解答用紙に計算式を示して答えよ。

(20点)

平成28年度1種冷凍講習検定試験問5 薄肉円筒胴圧力容器の仕様

 (1) 円筒胴の外径Doを750mmとした場合、設計圧力Pが作用したときの円筒胴接線方向の引張応力σt(N/mm^2)を求めよ。

 (2) 設計できる円筒胴の内径Di(mm)の最大値を整数値で求めよ。

(仕様)と覚えた公式

 与えられた条件と勉強して覚えた公式で上手に導き出しましょう。

仕様
  • P = 1.40 Mpa
  • ta = 8.0 mm
  • σa = 100 N/mm^2
  • η = 0.90 α = 1 mm
  • Do = 750 mm (1)
覚えた公式
  • σtの公式
  • taの公式

(1) 円筒胴の外径Doを750mmとした場合、設計圧力Pが作用したときの円筒胴接線方向の引張応力σt(N/mm^2)を求めよ。

内径Diは、

 Di=Do-2ta
  =750-2×8.0
  =734


 t=taとする。

σtを求める

   答え 64.2 (N/mm^2)

(2) 設計できる円筒胴の内径Di(mm)の最大値を整数値で求めよ。

taの公式 より、Diを求める。

 設計圧力P=1.40Mpaでの内径Diは、

Diを求める

   答え 891 (mm)

 892mmとすると、たぶん零点(若しくは、大幅減点)。

コメント

 超サービス問題です。(ただし、公式を覚えていて、切り上げの意味を知っている場合。)

訂正箇所履歴

【2018(H30)/09/30 新設】

  • -


Back to top ↑