1種冷凍学識計算講習検定試験攻略-問5:平成29年度

EchoLand-plus

屋外設置のR410A用高圧受液器

 また出ました  腐れしろ パニック

第一種冷凍機械責任者試験 平成29年度(講習検定試験)

問5 屋外設置のR410A用高圧受液器の仕様を下記に示す。このとき、次の(1)および(2)について、それぞれ解答用紙に計算式を示して答えよ。ただし、容器の腐れしろは下表による。

(20点)

平成29年度1種冷凍講習検定試験問5 R410A用高圧受液器の仕様

平成29年度1種冷凍講習検定試験問5 腐れしろの表

 (1) 設計できる最大の円筒胴の外径Do(mm)を求め、整数値で答えよ。

 (2) 設計圧力が作用したとき、円筒胴の接線方向に生じる引張応力σt(N/mm^2)を求め、有効数字3桁で答えよ。

(仕様)と覚えた公式

 与えられた条件と勉強して覚えた公式で上手に導き出しましょう。

仕様
  • P = 2.96 Mpa
  • ta = 8 mm
  • σa = 100 N/mm^2
  • η = 0.70
  • α = 表より選ぶ
覚えた公式
  • taの公式
  • σtの公式t=ta

(1) 設計できる最大の円筒胴の外径Do(mm)を求め、整数値で答えよ。

 腐れしろαは、使用鋼板SM400Bであるから表の  の欄から選ぶ。屋外設置ということなので、直接風雨にさらされる。さらに、高圧受液器だから非冷却液または加熱熱媒に触れない。よって、  その他の部分のα=1 を選択する。

taの公式 より、Diを求めましょう。

Diを求める

 Doは、

  Do = Di + 2ta = 322 + 2×8 = 338

   答え 338 (mm)

(2) 設計圧力が作用したとき、円筒胴の接線方向に生じる引張応力σt(N/mm^2)を求め、有効数字3桁で答えよ。

σtを求める

  有効桁数3桁

   答え 59.6 (N/mm^2)

コメント

 腐れしろαを表から選択する問題は  H22年度 で出題されています。講習検定ですから講義があることでしょう。

訂正箇所履歴

【2018(H30)/10/01 新設】

  • -


Back to top ↑