3種「保安」内検索

圧縮機の吐出しガス温度

 過去問でガンガン勉強しよう

 『初級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P49 (表4.4 冷媒の理論冷凍サイクル特性)>を一読すべし。(<8次:P39 (3.6.2 圧縮機の吸込み弁の漏れの影響)>と、セットで勉強すると良い)

冷媒の違いによる吐出しガス温度

 <8次:P46 (表4.3)>からしつこく出題されているが、最近は少ない(平成25年(2013年)記す)が、油断大敵かもしれない。

・同一の凝縮と蒸発の温度条件では、アンモニアはR22より吐出しガス温度が低い。H09/04 答え

【×】 <8次:P46 (表4.3)>を見ると、R22は60℃、R717は88℃となっている。

・アンモニアは、フルオロカーボンに比べると圧縮機吐出しガス温度は低い。H10/04 答え

【×】   高い <8次:P50 (2~5行 )>にズバリ的。

・R134aの圧縮機吐出しガス温度は、アンモニアに比べてかなり高い。 H11/04 答え

【×】 ぅむ、R134aはかなり低く49℃、アンモニアは88℃と高い。テキストP45下から9行目~。 テキスト8次改訂版では文章での比較は記されていない、表から読み取るしかないだろう。

・アンモニアは、フルオロカーボンに比べると、圧縮機吐出しガス温度はかなり高くなる。 H12/04 答え

【◯】 はい。

・アンモニアは、フルオロカーボン冷媒に比べると、圧縮機の吐出しガス温度は低い。 H15/04 答え

【×】 今度は? アンとフルの吐出しガス温度と問われたら迷わずアンが高いとおぼえる。

・冷凍サイクルの凝縮温度、蒸発温度、過冷却度および過熱度が同じとすると、圧縮機の吐出しガス温度はアンモニアよりもR407Cのほうが高い。 H16/04 答え

【×】 R407cはフルオロカーボンであるから、低い。P46の表4.4参照のこと。 8次改訂版では、吐き出しガス温度の比較で「R407C」は、文章にも表にも、記されていない。

・蒸発温度と過熱度が同じR134aとR410Aの冷媒蒸気を、圧縮機で同じ凝縮温度まで圧縮すると、圧縮機吐出しガス温度は、R410Aのほうが低くなる。 H23/04 答え

【×】 R410Aのほうが高くなる。テキストP46の表を見ておくしかない。ぅむ、R134aが一番低いね。
 【8次改訂版の補足】

テキスト<8次:P46 (表4.3)>を見ると、R134aの49℃より低い冷媒が追加されている。
 それは特定不活性ガス(8次:P50 下から3行目)である  R1234yf(カーエアコン用)、R1234ze(チラー用) で、ともに45℃となっている。 昨今(2020(R02)/05/07記ス)、これら新しい冷媒の需要が増えているのだろう。R410A(60℃)は健在である。

・冷媒ガス吸込み側に電動機を収めた密閉圧縮機では、電動機で発生する熱が冷媒に加えられて、吸込み蒸気の過熱度が大きくなるため、吐出しガス温度が高くなりやすい。 H24/04 答え

【◯】 素直に、◯。良い問題だ。(P45の下3行)

 【8次改訂版の補足】

8次改訂版では、設問のズバリ的文章が消えてしまった。<8次:P51 (4.4.2 化学的安定性)>に、フルオロカーボン冷媒が高温にさらされた場合の不具合が記されているので、同様な問題(実際の密閉圧縮機)はここから出題されるだろう。


高い吐出しガス温度の影響

 「冷媒」の問4で出題される吐出しガス温度の問題は、『初級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P51 (4.4.2 化学的安定性)を熟読しておけば、OK。
 補足)テキスト8次改訂版は<P50 4行目、P54 6行目>にも、吐き出しガス温度が高い場合の影響が書かれている。

・圧縮機の吐出しガス温度が高いと、油の分解や劣化が起きて、潤滑不良の原因となる。 H19/04 答え

【◯】 ぅむ。テキスト<8次:P51 10~13行>を読んで頂戴。

・圧縮機の吐出しガス温度が高いと、潤滑油の変質、パッキン材料の損傷などの不具合が生じる。 H15/04 答え

【◯】 はい、その通り。テキスト<8次:P50 5行目>にパッキン材料が記されているが、潤滑油の変質については<8次:P54 6行目>に  変質・劣化 と記されている。

 【8次改訂版の補足】

8次改訂版では「圧縮機吐き出しガス温度」という見出し(節)が無くなってしまい、特性(P50)や安定性(P51)やアンモニア冷媒の特徴(P54)などに散りばめられてしまった。問題文も変わっていくだろう。健闘を祈る!

 03/03/20 05/03/13 05/06/06 07/03/24 08/04/14 09/05/23 10/09/04 11/06/18 12/05/29 13/06/05 14/06/23 20/05/07

 『SIによる 初級 冷凍受験テキスト』7次改訂版への見直し、済。(14/06/23)
 『初級 冷凍受験テキスト』8次改訂版への見直し、済。(20/05/07)

修正・訂正箇所履歴

【2016/05/09 新設】

  • テキスト8次改訂版(R01(2019)-11月改訂)へ対応、および、文章を見直し。(2020(R02)/05/07)

Back to top ↑

Back to top ↑

【参考文献】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^