3種「保安」内検索

圧縮比(圧力比)

 圧縮比(圧力比)が入った問題文が多いのでこのページに集め記す。
  『初級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P32 (図3.6)>辺り。

 圧縮比の大きい小さいで、chomechome効率、hogehoge動力、成績係数が変わってくる。頭のなかにイメージできるようになっていれば良いんだけど。


圧縮比(圧力比)

・冷凍装置の冷凍能力は、圧縮機の圧縮比によって変わる。 H10/05 答え

【◯】 圧縮比が大きくなると、体積効率が小さくなって冷媒循環量が減少し冷凍能力は小さくなる。

・圧力比が大きくなると、断熱効率の値が小さくなる。 H16/05 答え

【◯】 圧力比(圧縮比)が大きくなるってことは、断熱効率(ηc)は実際の圧縮機での蒸気圧縮に必要な動力(Pc)が大きくなります。
ηc = Pth(理論)÷ PC から、断熱効率(ηc)は小さくなります。(効率が悪くなる)テキスト<8次:P32 (図3.6)>を見ながら読む。

・圧縮機の圧縮比が大きくなると機械効率は小さくなるが、断熱効率(圧縮効率)は大きくなる。 H11/03(冷凍装置の問題) 答え

【×】 断熱効率は小さくなる。

 【お知らせ】

------- 突然すみません。お知らせ -------
 注意)EchoLandの解説文(問題文を除く)は転載を許可していません。無断転載は著作権侵害の法律違反になります。 ご利用規約・個人情報の取扱い(プライバシーポリシー)についてをお読みください。(by.echo)

・圧縮機の圧力比が大きくなると、断熱効率は小さくなるが、機械効率は大きくなる。 H24/03 答え

【×】 圧力比(圧縮比)が大きくなると、両方小さくなる。と、覚えても良い。断熱効率と機械効率が、文の前にあったり後ろにあったり、大きくなったり小さくなったり。惑わされないように。 テキスト<8次:P32の11行目(断熱効率)と17行目(機械効率)>に線でも引いておこう。

・圧縮機の運転条件によって決まる圧力比が小さくなると、断熱効率と機械効率は小さくなり、冷凍装置の成績係数は小さくなる。 H21/03(装置の問題) 答え

【×】 テキスト<8次:P32の11行目(断熱効率)と17行目(機械効率)>を読み、<8次:P33 (3.13式)>を、ジ~ッと見つめる。

  圧縮機の運転条件によって決まる圧力比が小さくなると、断熱効率と機械効率は大きくなり、冷凍装置の成績係数は大きくなる。 なる。

・圧力比が大きくなると、機械効率は小さくなり、冷凍装置の成績係数は大きくなる。 H25/03 答え

【×】 もう、大丈夫の略称問題になったかな!? 正しい文章にしてみましょう。

  圧力比が大きくなると、機械効率は小さくなり、冷凍装置の成績係数は小さくなる。


チョとおまけ

 後半では、こんな問題が。

・圧縮機の吸込み蒸気圧力が低下すると、一定の凝縮圧力のもとでは圧縮比は小さくなり、冷凍能力は増加する。 H10/14(運転状態の問題) 答え

【×】 この場合は、圧縮比は大きくなり、冷凍能力は低下する。(テキスト<8次:P155 2行目~ (14.3.2 圧縮機の吸い込み蒸気の圧力)>)

 03/03/24 04/09/03 05/03/13 07/03/21 08/04/16 10/09/04 11/06/19 12/05/29 13/05/21 14/06/29 19/11/17 20/05/22

 『SIによる 初級 冷凍受験テキスト』7次改訂版への見直し、済。(14/06/30)
 『初級 冷凍受験テキスト』8次改訂版への見直し、済。(20/05/21)

修正・訂正箇所履歴

【2016/05/18 新設】

  • 解説文見直し。(2019(R1)/07/08、11/17)
  • テキスト8次改訂版(R01(2019)-11月改訂)へ対応、および、文章を見直し。(2020(R02)/05/22)

Back to top ↑

【参考文献】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^