冷凍機械責任者試験関連図書

 ♦♦ echoのおすすめ参考書 ♦♦



参考書

本棚

  私の使っている参考書を紹介したいと思います。(紹介:順不同) あくまでも私の使ってみての感想ですので、あなたの評価とは違うかもしれませんご了承ください。

図書選びでの参考の一つとし、実際に書店で見たり知人や同僚から借りて手にしてみるのが一番だと思います。

  でも、実際問題そうもいかない場合もあるので困ります。そういうときは、講習会で使われているテキストで勉強してみるのも一つの方法かと思います。このサイトの過去問題集プチ解説はこのテキストを基に作成しています。


『SIによる 初級 冷凍受験テキスト』

発行:日本冷凍空調学会 第7次改訂版(2013(H25)年12月9日改訂)

『SIによる 初級 冷凍受験テキスト』

 『SIによる 初級冷凍受験テキスト』は、講習会のテキストになっています。重要な部分は太文字になっているので、マーカーペンはいらないかもしれません。

 途中に例題もあり、巻末には過去の検定試験問題が載っています。 (← 7次改訂版より削除された。)ただし「上級」と同様、法令関係はありません。

SIによる初級冷凍受験テキスト(Amazon詳細)

 3種冷凍の問題はこのテキスト内より出題されるようです。つまり、この書に書かれている以外の事は出題されないのです。

 挿し絵は適に入っていて、写真での説明もあります。 基礎は大事ですから3冷だけでなく2冷でも十分使えるでしょう。2冷や1冷に挑戦する方でも一冊あっても損はありません。

 当サイトの過去問題のプチ解説は、本書を参考にして書いています。極力該当のページ番号を書いておりますので、このテキストと併用すると効果的でしょう。

Back to top ↑

『SIによる 上級 冷凍受験テキスト』

発行:日本冷凍空調学会 第7次改訂版(2011(H23)年12月7日改訂)

 第8次改訂版(2015(H27)年11月20日改訂)より、 SIによる が削除され、『上級冷凍受験テキスト』と、著書名が変更になっています。

『SIによる上級冷凍受験テキスト』は、1種と2種の講習に用いられるテキスト。もちろん、11月の全科目試験を目指す方も必須の書になります。ただし「法令」は、ありません。

 このテキストは、読んでいると結構辛くなります。まぁ、教科書のようなものですから、興味がなければつまらないんですよね。

 試験勉強は、たいていそういうものですけども、苦あれば楽あり、努力は報われる、などと思いながら勉強するしかありません。

 「冷凍機械講習検定及び国家試験の受験に本書を活用するにあたって」から引用

第一種受験者は、全章にわたって読み、理解するよう努力していただきたい。

 また、第二種の受験者は、学識偏における次の章、節、項は第一種を対象にして記述されているので、説明として記述されている事柄の概要を理解する程度でよく、理論的な記述は理解不十分でも差し支えない。

 と、あって2種の方は概要を理解する程度(流し読み?)で結構ですと(2)ページが書かれています。内容をだいたい把握した後、ポイントを上手く捕まえ効率的に勉強したいものです。

 試験問題は、このテキスト以外から出題されないといわれています。

近年(2017(H27)年2月22日記す)、重箱の隅をつつくような問題(ようするにウンコ(失礼)問題)が多いような気がしますので注意してください。

 当サイトの過去問題集のプチ解説は、このテキストを参考にして解説しています。該当ページをできるだけ解説文の中に記すことにしています。

Back to top ↑

『イラストで学ぶ冷凍空調入門』

発行: セーフティ・マネージメント・サービス株式会社(SMS) 2009(H21)年3月改訂(写真) 2015(H27)年4月改訂

『イラストで学ぶ冷凍空調入門』

 「第三種冷凍機械責任者免状(三冷)の取得を目指す方のためにつくられた参考書」だそうです。

  表紙はカラー印刷で、どこかの奥様?が冷風漂うエアコンの下で左手には小鳥(ペット?)右手にはアイスクリームを持ち、揺り椅子に座ってにっこりと満足顔をしており、バックには冷凍冷蔵庫、 外では噴水付きのプール?で子供が遊んでいるイラストが描かれています。

 中味は、これでもかというぐらいイラスト(漫画)が大きく描かれています。 小学生が思わず手にしてしまうような感じでもあります。

  冷凍の原理では整備士風の方が登場します、法規関係では営業マン風の方と女性、p-h線図のページ では教授風の方が登場しなかなか面白くて楽しい気分で勉強できます。

 「技術編」「法令編」「試験編」「技術編特別講義(p-h線図)」と、4つの大きな項目があります。 「技術編」は、漫画風のイラストの他にキチッとした挿絵があり押さえるところはちゃんと押さえています。 (もちろん他の編も同様です。) 圧縮機、凝縮器、蒸発器や付属機器の構造など、綺麗な構造図で分かりやすく描かれています。 とにかく分かりやすいです。

 「法令編」は、過去問題集をやる前にこれを読んでやればとっても楽になると思います。 「試験編」は、法令の問題です、20問あって1問ずつに解説があります(もちろんイラストがふんだんにあります)

 「技術編特別講義(p-h線図)」は、約30ページにもわたりp-h線図が基礎から詳しく説明してあります、これを読めばp-h線図が読める!書ける!ようになる と思います。(他の書籍でこれほどわかりやすく書かれているのはあまり見かけないかと思います。) 初めて冷凍機の勉強する方で、過去問題集をはじめる前に読むのに最適の本です。

 冷凍機が初めての方、また、冷凍が難解で行き詰ってしまった方、法令の概略を知りたい方は、最適なテキストでしょう。

 本書は直接SMSへインターネットで注文するしかないようです。(FAXでもOK) 支払いは本が届いてから振り込みという形になります。一般書店で注文できるかはよく分かりません。

Back to top ↑

『よくわかる計算問題の解き方(第一種冷凍機械及び第二種冷凍機械資格取得への近道)

発行: 高圧ガス保安協会 2011(H23)年9月発行)(写真) 2014(H26)年12月改訂)

『よくわかる計算問題の解き方』

 この書が登場したときは、ビックりしてしまいました。当サイトの「第1種冷凍「学識」計算攻略」によく似ていたからです。問1や問2などは、もう、クリソツッて感じで…。

 ま、こういう解き方になるんでしょうけど。巨大な組織に立派な書で発行されると、もう、太刀打ちできませんね。ハイ。って、べつに戦っているわけではありません。

 そんなわけで、1種の学識計算を攻略するにはとても良い参考書でしょう。式を組み立てる考え方(導き方)が丁寧に書かれています。2種も基礎的なことから書かれていますのでとても参考になります。

 ただし、2種の場合はこの書を買って勉強するまでもなく。テキスト読んで過去問題集をこなせば大丈夫と思われます。でも、つまづいているかたはとても助けになるでしょう。

 本書は セーフティ・マネージメント・サービス株式会社(SMS)インターネットで注文するのがベストでしょう。(FAXでもOK) 支払いは本が届いてから振り込みという形になります。一般書店で注文できるかはよく分かりません。

Back to top ↑

『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題 〜 第一種・第二種 冷凍機械責任者試験 受験対策 〜 

出版社: 水山産業出版部 著者:見上 勝清 (2016(H28)年4月30日発行)

 この書の著者は、第一種冷凍機械責任者試験の学習に際し「学識」に関しての適当な参考書や問題集が無いことに対し自ら参考書を作成することにしたそうです。

 第一種のみならず、第二種受験の方も基礎から丁寧な解説があるので十分使えそうです。自らの受験学習の体験からの参考書問題集ですので、受験者の身になってかゆいところまで手が届いている感があります。

 一種二種の方は、講習会で使われているテキスト必須なのでそれで学習していると思います。あのテキストの説明は素っ気ないですね。けっこう数式などはぶいてありますから‥。そのてん、この書はかなり強い味方になると思います。

図をかいてサクサク解ける学識の計算問題 ~ 第一種・第二種 冷凍機械責任者試験 受験対策 ~(Amazon詳細)

 大きさは、単行本サイズですので持ち歩きに良い、カバンに入れても邪魔にならないでしょう。それに、A4サイズのバカでかい書ではないので人目も気にせず何気なく広げられるでしょう。

 参考に、少々激写写真をアップしておきます。

『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題』 − しおり

 このように、解答を見えなくするようにできる心遣いは他の問題集にはありません。

『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題』 − 問1  問1の問題ですが、線図からの解説も丁寧ですし基礎部分も適時に取り入れてあるので分り易いです。右下の、□チェック欄も実経験ならではのポイントです。
『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題』 − 問3

 これは問3の問題、「単位に注意」とか分り易いです。基礎も随時あります。

『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題』 − 問5

 問5の問題は切り捨てや切り上を考慮に入れねばなりませんが、右上ページに(ここは四捨五入でよい)とか、親切に計算式の説明があります。

『図をかいてサクサク解ける学識の計算問題』 − 索引

 索引は大変労力がいるでしょうがあることだけでも素晴らしいですね。さらに、公式の索引があるのにビックリですね。これは、学習にはとても助かります。

Back to top ↑

『イラストで学ぶ高圧ガス保安法入門』

発行: セーフティ・マネージメント・サービス株式会社(SMS) 2012(H24)年4月改訂)

『イラストで学ぶ高圧ガス保安法入門』

 『イラストで学ぶ冷凍空調入門』同様にイラストがフンダンに使用されていて、とってもわかり易いです。

 表紙に登場し、内部の解説をされる女性は「とんちゃん」というお名前で、教え子?の少年と掛け合いながら説明が進みます。

 法令過去問題と同様な項目の勉強ができるので過去問題と併用すれば理解が深まるし、短期間の学習が期待できると思います。

 高圧ガス保安法が初めての方、また、法令問題が難解で行き詰ってしまった方は最適なテキストでしょう。

 本書は直接SMSへインターネットで注文するしかないようです。(FAXでもOK) 支払いは本が届いてから振り込みという形になります。一般書店で注文できるかはよく分かりません。

 法令はしょっちゅう改定されているので、最新版を購入したほうが良いでしょう。譲り受けたものは注意してください。

価格:3090円(税込み)2015(H27)年2月22日現在

Back to top ↑

『冷凍関係法規集』

発行:日本冷凍空調学会

『冷凍関係法規集』

 『冷凍関係法規集』は、講習会で使われます。1種、2種、3種ともに共通で冷凍関係の法令文を抄録したものです。

 法令は過去問の解説だけでも何とかなると思います。が、ぅ?ん、どうでしょうね。解説には、「〇〇の〇〇条◯項◯号」と書いてありますから、この法規集を見ながら問題を解くと理解が深まるかもしれません。

 でも、いまどきの世の中はweb上に法規文章があります。「法令データ提供システム(電子政府の総合窓口イーガブ)」このサイトでほとんどの法令文は検索できるようです。

 当サイトの法令過去問の解説では、このサイトの文章をコピペして作成しています。そんな世の中なので要らないような気もします。

 でも、紙の本がほしい、質実剛健な本がほしい、原本がほしい、と云うような方は(私がそうですが)一冊手元においておけば良いと思います。

 オークションなどで購入する場合は、最新版であるかどうか「日本冷凍空調学会」のサイトで確認してから購入したほうが良いでしょう。

価格:1530円(税込み)2015(H27)年2月22日現在

Back to top ↑