冷凍機械責任者関連図書

 ♦♦ echoのおすすめ問題集 ♦♦



冷凍機械責任者 試験問題と解答例』

発行:日本冷凍空調学会

『試験問題と解答例』本棚

 毎年4月に発行されます。前年の問題が追加され、4年分の過去問題が収録されています。

 1種冷凍から3種冷凍まで全ての問題と解説があります。

 問題と解答解説は、前半分と後ろ半分に分けられているので少々見にくいです。ページにインデックスを貼りつければよいでしょう。

 解説は少々簡単です。「題意のとおり」などと素っ気ないものもあって、題意のとおりといわれても分かりません!というときに結構困ります。

 まぁ、全種揃っての価格から言えばしょうがないと思います。

 この問題集の一番は、解説などに「間違いがない」ということです。誤字や誤植も皆無と言ってよいでしょう。ですので、他の問題集で?があったら、本書で確認しています。


『試験問題と解答例』インデックス

 こんな感じに、インデックスを付けるといいでしょう。

 わりと楽しい作業なんですよ。

 ぇぇ、やる気が湧いてきます、ハイ。


Back to top ↑


『第三種冷凍機械責任者試験模範解答集 平成xx年版

発行:電気書院 (編著: 冷凍試験問題研究会)

 早いです!『第三種冷凍機械責任者試験模範解答集 平成27年版』(平成26年11月試験問題掲載)は、平成27年1月23日に発行されていました。(2015(H27)年2月24日記す)

 この問題集は8年分ありますので、嫌になるほどたくさん過去問がこなせます。

 一問のすぐ下に、解答と解説がありますので頁をパラパラめくったりしなくてもよいので楽ちんです。

 最初に「出題傾向から見た学習のポイント」を読んでおくとよいでしょう。けっこう力を入れて分析した表が載っています。うまく内容を把握すれば、学習の時間短縮につながるでしょう。

 電気書院さんは、誤字などの間違いがあって問い合わせするとすぐに「正誤表」を送ってくれました。好感をもてました。

 1000円札が4枚必要になります。それ以上お金を掛けたくないという方は、まぁ、もちろん人によりけりでありますが、この1冊で合格も可能かと思います。


模範解答集の付箋

 こんな感じに、付箋紙で解答の文字を隠せばいいです。

 厚めの付箋紙でないと透けて見えちゃいます。(薄い場合、2・3枚重ねれば良いです)

 そして、間違ったら?、正解は◯、わからないは△のように印を付けていくと、苦手な問題が分かってきます。

 それに、難解問題をこなしたかも分かりますので努力度の目安になります。この付箋紙の問題は6回目でも?ですね。引っ掛け問題に注意!などという感じにガンガン過去問しましょう。


Back to top ↑


『第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集』 平成xx年版

発行:電気書院 (編著: 冷凍試験問題研究会)

 『第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集』は、毎年4月頃発行されます。 平成27年度版は4月2日発売で、2月末の時点で予約受け付け中でした。(2015(H27)年2月24日記す)

 3種模範解答集8年分と違い、過去5年分の問題が納められています。でも、1種2種ですのでかなり重くボリュームたっぷりです。そして価格も重い、税込みで五千円札が必要です。

 3種問題集にある出題傾向をまとめたものは見当たりません。けっこう大変なのでしょう。(平成21年記ス)

 問いの下に解答と解説が載っております。解説には太字があり、ときには挿絵もある場合もあります。解説が詳しく書かれているのは、とても嬉しいです。

 ただ、間違いもあります。が、問い合わせすると「正誤表」などですぐ対応してくれると思います。中古本などを手に入れた場合は注意が必要です。

 本書だけで、1冷をゲットされた方もおられます。

Back to top ↑