2種・3種冷凍「法令」(冷凍保安責任者)攻略

/ 法文の読み方 / 3冷「保安」攻略 / 2冷「保安・学識」攻略 / 2冷学識計算攻略 /

【冷凍保安責任者】選任・職務

 ここの過去問題は、▽冷規第36条が一番の鍵になるでしょう。その中の、有名な?表も大事です。覚えてください。(過去問をこなしているうちに覚えられると思いますが…。)

 冷凍保安責任者の選任は、最初は頭を悩ませるかもしれません。が、【コラム】 高圧ガス保安法分類まとめファイルにあるファイルを見れば大丈夫かと。

【保安責任者】選任

 この選任問題は、けっこう引っかかるかもしれないので注意してください。日本語の使い回しの素晴らしい問題文を、充分にお楽しみください。健闘を祈る!

▼ 2種・3種H17/2

・冷凍のため高圧ガスの製造をするすべての第二種製造者は、冷凍保安責任者を選任しなくてもよい。

▼ 3種H19/9 ▼ 2種H21/3 ▼ 3種H21/8 ▼ 3種H23/9

・すべての第二種製造者は、その事業所に冷凍保安責任者を選任しなくてもよい。

▼ 2種H23/4

・すべての第二種製造者は、冷凍保安責任者及びその代理者を選任する必要はない。 答え

【全部 ×】 ヴァツです。(代理者も同様)「すべて」がポイントです。 なんだか、涙が出るほど、日本語(法令分)は難しい…、という問題。出題が多いです。

 ▽冷規第36条3項の一(←クリックして開いてください)には冷凍保安責任者を選任する必要のない第二種製造者が書かれているのだから、 すべての第二種製造者は保安責任者を選任しなくてもよい。だから、【◯】と考える。

 でも、この問題の解答は【×】…。そこで、考える。

アンモニア・不活性以外の製造者・保安責任者区分
 ぅ~ん、二種製造者は「不活性ガスのフルオロ設備では冷凍保安責任者は選任しなくてよい」でも、フルオロで不活性ガスを除く設備で20トン以上 50トン未満の第二種製造者(50トン以上は1種になる(指定設備除く))は保安責任者が必要だから「すべての第二種製造者は<略>選任しなくてもよい」つまり、【×】ということ!
分かりました?

 ▽法第27条の4第1項第2号(← 第二種製造者は冷凍保安責任者を選任しなさい。)
 ▽法第33条第1項(← 第二種製造者は冷凍保安責任者の代理者も選任しなさい。)
 ▽冷規第36条第3項(← 冷凍保安責任者を選任する必要のない第二種製造者が書かれている。でも、 「<略>(フルオロカーボン(不活性のものに限る。)にあつては、二十トン以上。アンモニア又はフルオロカーボン(不活性のものを除く。)にあつては、五トン以上二十トン未満。)<略>」は選任しなさい。…汗

 2種も3種も関係なく出題されます。たぶん1種も(10/10/28)

▼ 3種H27/7

・第二種製造者のうちには、冷凍保安責任者及びその代理者を選任する必要がない者がある。 答え

【◯】 この問いは、ココに組み込もう。今度は、◯です。

 ▽法第27条の4第1項第2号(← 二種製造者は保安責任者を選任しなさい。(でも※1の場合は除く))
 ▽冷規第36条第3項(← xxは、選任から除く。※1の詳細が書いてある)

▼ 3種H24/8

・第二種製造者のうちには、冷凍保安責任者を選任しなければならない者がある。 答え

【◯】 す、素直に◯。
 「選任しなければならない者がある。」← 少々惑わされますかね。健闘を祈る。

 ▽法第27条の4第1項第2号(← 二種製造者は保安責任者を選任しなさい。(でも※1の場合は除く))
 ▽冷規第36条第1項(← 選任は、こうしなさい。)
 ▽冷規第36条第3項(← xxは、選任から除く。※1の詳細が書いてある)

▼ 3種H20/5

・第二種製造者のうち、特に定められた者は、冷凍保安責任者及びその代理者を選任しなければならない。 答え

【◯】 ぅう、いやらしいですね。今度は丸ですよ。

 ほんとうに言葉遊びをしているような問題が多いです。怒りさえも感じます。でも、挫折せず感張ろう。「特に定められた者」とあるので選任しなければなりません。ま、気を静めて考えてみれば素直な問題かも…。

▽法第27条の4第1項第2号(← 第二種製造者は冷凍保安責任者を選任しなさい。)
▽法第33条第1項(← 第二種製造者は冷凍保安責任者の代理者も選任しなさい。)
▽冷規第36条第3項(← 冷凍保安責任者を選任する必要のない第二種製造者が書かれている。 (この中に、選任が必要ないものから除かれるものが書かれている、つまり、選任が必要のもの(「特に定められた者」)が書かれている。

▼ 3種H18/3 ▼ 2種H18/4 ▼ 2種H22/4

・第二種製造者のうちには、冷凍保安責任者及びその代理者を選任しなければならないものがある。 答え

【◯】 はい、その通りです。「しなければならないもの」があります。そして、保安責任者を選任したら代理者も選任しなければなりません。

 ▽法第27条の4第1項第2号(← 二種製造者は保安責任者を選任しなさい。(でも※1の場合は除く))
 ▽法第33条第1項(← 代理者も選任しなさい)
 ▽冷規第36条第3項(← xxは、選任から除く。※1の詳細が書いてある)

▼ 2種H26/4

・アンモニアを冷媒ガスとする冷凍設備(冷媒設備が1つの架台上に一体に組み立てられていないもの)であって、その冷凍能力が30トンである設備のみを使用して高圧ガスの製造をする第二種製造者は、冷凍保安責任者及びその代理者を選任しなければならない。 答え

【◯】 とにかく◯みたい。(疲れ)

 ▽法第27条の4第1項第2号(← 二種製造者は保安責任者を選任しなさい。(でも※1の場合は除く))
 ▽法第33条第1項(← 代理者も選任しなさい)
 ▽冷規第36条第3項(← xxは、選任から除く。※1の詳細が書いてある)
アンモニア・不活性以外のフルオロカーボンの製造者・保安責任者区分  冷規36条第3項から、この問題は30トンのアンモニア冷媒設備の二種製造者、除かれないみたい。(ユニット型で60トン未満なら除かれるのでしょうね。)

▼ 2種H26/12(この事業所)

・冷凍保安責任者には、第一種冷凍機械責任者免状又は第二種冷凍機械責任者免状の交付を受けている者であって、1日の冷凍能力が20トン以上の製造施設を使用して行う高圧ガスの製造に関する1年以上の経験を有している者のうちから選任しなければならない。 答え

【◯】ぉおー、選任条件単刀直入キッチリの問題。分かる人にはわかる。
 ▽法第27条の4第1項第1号(← 第一種製造者は冷凍保安責任者を選任しなさい。)
 ▽冷規第36条第1項表二(← この事業所の場合、まん中の欄)

▼ 2種H27/12(この事業所)

・冷凍保安責任者には、第二種冷凍機械責任者免状の交付を受けている者であって, 1日の冷凍能力が20トン以上の製造施設を使用して行う高圧ガスの製造に関する1年以上の経験を有する者を選任することができる。 答え

【◯】 2種H26/12と同等の問題(因みに、事業所の内容が全く同じ)
 H26年度と違うのは、二種免状のみの問いなので少々戸惑う人は戸惑うかも…。
 ▽法第27条の4第1項第1号(← 第一種製造者は冷凍保安責任者を選任しなさい。)
 ▽冷規第36条第1項表二(← この事業所の場合、まん中の欄)

▼ 2種H28/12(この事業所)

・この事業所の冷凍保安責任者には、第二種冷凍機械責任者免状の交付を受け、かつ、1日の冷凍能力が3トンの製造施設を使用して行う高圧ガスの製造に関する1年の経験を有する者を選任することができる。 答え

【×】 バツです。  3トン が致命的ですね。

 ▽法第27条の4第1項第1号(← 第一種製造者は冷凍保安責任者を選任しなさい。)
 ▽冷規第36条第1項表二(← この事業所は250トンなので二の欄(まん中)、一種か二種の免状があり、20トン以上で1年以上の経験)

職務

 迷子の問題、「職務」を追加しここに落ち着く。(2017(H29)/06/22記ス)

▼ 3種H18/17(この事業者)

・冷凍保安責任者の職務は、高圧ガスの製造に係る保安に関する業務を管理することである。 答え

【◯】 サービス問題ですね。
 法第32条を一度読んでおけば大丈夫でしょう。 ▽法第32条第6項

▼ 2種H16/14(この事業所)

・この事業所の製造に従事する者は、冷凍保安責任者が高圧ガス保安法若しくはこの法律に基とづく命令又は危害予防規程の実施を確保するためにする指示に従わなければならない。 答え

【◯】 普通に、そのとおり! ▽法第32条第10項

 09/09/24 10/11/11 11/09/15 12/10/30 13/10/29 14/10/10 15/08/29 16/09/28 17/07/08

修正・訂正箇所履歴

【2017(H29)/06/21 新設】(← 履歴をここに作った日

  • マルチスクリーン対応。文章を見直し。(2017/06/21)
  • 「職務」を追加した。(2017/06/22)
  • 解説文見直し。(2017/08/14)

^