受験案内

冷凍機械責任者試験

冷凍機械責任者試験に挑戦する意義!?

いくつか挙げてみましょう。

  • 冷凍保安責任者に選任される資格者になれます。
  • ビル管理、設備管理等の就職・転職が有利になります。
  • 勤め先に資格手当等の規定があれば、給料が上がります。
  • 受験学習をすることによって、冷凍関係の知識が身に付きます。
  • 合格すると、優越感にしたる事ができます。
  • 上司の命令。
  • 資格取得が趣味だから。
  • 何となく…。

 こんなところでしょうか・・・!?

 ビル管理や設備管理の業務に従事している方やこれから従事しようとする方は必須の資格と言われている、 乙四、2ボイラー、3冷、2電工の一つですね。保安責任者になる機会はあまりないかもしれませんが、冷凍機の運転管理や施工などに試験学習によって身に付いた知識が、きっと役立つに違いありません。


この資格試験について

受験資格

 どなたでも受けることができます。

合格点

 全科目を、それぞれ60点以上とれば合格です。

 法規が100点でも保安管理技術が50点だったら不合格です。 逆に考えれば、40点間違えても良いのですが試験学習をしっかりすれば、おのずと高得点で合格できることでしょう。

試験問題について

 通常、択一式の問題は「誤っているものはどれか」となるのですが、冷凍機械責任者試験の問題は 「正しいものを選べ」この正しいものを選ぶというのは、同じように思えるのですが誤っているものを選ぶよりは難易度が上がるといわれる方がいます。

 こういう場合の問題を解き方の一つに、正しいものを選ぶのではなく「消去法」といって誤っているものから消していった方が良いようです。

Back to top ↑


第三種冷凍機械責任者試験

 法令 20問 60分 / 保安管理技術 15問 90分

 略称「3冷」とよく言われます。 毎年7000人(講習含まず)ほどの方がされ、約半分の方が合格しています。

Starbucksで昼食

 試験はマークシート方式です、9時半から始まって12時半には終わります。 昼飯の心配はないと思われます、試験が終わってゆっくり食事ができます。

 勉強方法は、過去問題集と参考書を1冊買って、繰り返し勉強すれば合格ラインの60点に届くと思います。 3冷は、過去問題集をやれば必ず受かるといっても良いかも知れません。

 でも、何の試験もそうですが真剣に 勉強しないと落ちるでしょう。事実、半分近くの方が毎年不合格なのです。

 冷凍機というものが初めてという方は、冷凍理論関係の参考書をもう一冊買って、 ざっと読んでから問題集に取りかかればよいと思います。関連図書ページを参考にして見てください。

Back to top ↑


第ニ種冷凍機械責任者試験

 法令 20問 60分 / 保安管理技術 10問 90分 / 学識 10問 120分

 略称「2冷」と言われます。合格すると尊敬の眼差しで見られます、かなり嬉しいです。毎年3000人(講習含まず)ほどの方が受験され、約4分の1の方が合格されています。とにかく、一生懸命勉強しないと合格しないでしょう。

昼食はお弁当

 マークシート方式です。「法令」「保安管理技術」「学識」の三科目の問題があり、9時半から始まって15時半までかかります。保安管理技術が12時半に終わるので「学識」の開始まで1時間、保安を早く切り上げれば1時間半ほどの昼休みがとれます。

 近くにコンビニでもあればよいのですが、ない場合はお腹が空いてしまいますのでお弁当を作ってもらうか、コンビニ弁当などを持参しないとなりません。(食べ過ぎに注意)

 2冷はなんといっても、「学識」に計算問題が出題されるされることでしょう。毎年2問(昔は3問)の計算問題があり、計算問題を落とさないようにしましょう。計算問題をパスして不合格になった方を何人も見ています。残りの問題は保安管理技術と同レベルの問題になります。

 冷凍サイクルの問題が2問と熱の問題が1問です。(近年、熱問題は出題されなくなりました。2011/01/29)

 冷凍サイクルや冷凍機の構造などを勉強すれば、いきなり2冷でも合格できます。でも、3冷より少し勉強時間を増やす心構えが必要でしょう。

 2冷も過去問題を繰り返し繰り返し勉強するしかありません。学識計算は「これだけ公式」を覚えれのが先決、メモにして持ち歩くのも良いと思います。(今どきは、スマフォかな。2015/02/18。)

 「学識計算攻略」ページを作成しました。計算問題攻略の参考にしてください。他の問題は「2種冷凍「保安・学識」攻略」を参考にしてください。

 「過去合格率」を見ますと、合格率の良い年でも10人中7人は落ちます。勉強の計画を立てて毎日勉強する心構えが必要です。

 「法令」は3冷と同レベルです、とにかく繰り返し過去問をこなせば合格点に到達するでしょう。

Back to top ↑


第一種冷凍機械責任者試験

 法令 20問 60分 / 保安管理技術 15問 90分 / 学識 5問 120分

 略称「1冷」と言われています。3冷、2冷は知事免許ですが、1冷は大臣免許です。

Starbucksで昼食

 毎年なぜか700人(講習含まず)ほどの方が受験され、約一割の方が合格されています。はっきり言って、難しいです。

 合格すると、「1冷様」「1冷合格者様」などと言われる場合があります。資格手当も大幅に!?アップすることでしょう。

 「法規」「保安管理技術」はマークシート方式(保安は、平成16年11月14日国家試験から記述式より択一式(マークシート)に変更)ですが、学識5問は記述式です。

 「学識」5問は、計算式を記述しなければなりません。その解き方から理解度を採点されるようです。

 時間は2冷と同じ、もちろん昼飯の心配が必要、さらに受験地が全国で9箇所しかないので交通費や場所によっては宿泊費も必要になるので費用がかさみます。無駄金にならないよう頑張りましょう。

中間冷却器熱収支用説明図

 法令は、3冷2冷と変わらないと思っても良いです。引っ掛け問題があって頭にくる事がありますが、ま、頑張りましょう。

 保安管理技術は、平成16年から記述式から択一式に変わりました。けっこう楽になっています。が、それなりの学習量は必要でしょう。

 (図は、中間冷却器熱収支用説明図)

 学識は、熱収支の問題が2問、熱が1問、空欄問題が1問、応力問題が1問と毎年決まっているようです。

 熱収支は、各種冷凍サイクルの線図を理解し公式の意味もしっかり理解しないと正解が導き出せません。なので、基礎からみっちり学習する必要があります。

 時間を測って一通り問題をとく練習もしたほうが良いでしょう。90分、120分が、ぁっという間に過ぎていってしまいます。

Back to top ↑


講習検定について

 上記の説明は毎年11月に行われる全科目の概要を書きましたが、高圧ガス保安協会が行っている講習を受け検定試験に合格すれば、11月(国家)試験は「法令」のみ受験になり、これに合格すれば冷凍機械責任者の免状がもらえます。

 2万円ぐらいの受講料と3日間の講習会を受ける必要があり、さらに講習検定試験に合格しないと11月の法令試験を受けられません。

 時間、金銭的にも一考しなければなりませんし、検定試験の合格率を見ますと厳しいといえば厳しいものがありまする。各種合格率ページにまとめてあります。

 どうでしょう。年々合格率が上昇し、難易度が下がっているように感じれます。講義では、重要なポイント(ヒント)を中心に進むようですから、眠くならないように体調を整えて講習をしっかり受け、予習、復習をすれば合格できるでしょう。

 1種の検定試験は6月頃、講習会はその前1ヶ月間のうちに行われ、2・3種は3月と7月頃の年2回で、いずれもその前1ヶ月間のうちに行われます。

 申し込みは講習の2ヶ月ほど前になるので、仕事や生活や他の資格取得を考えて計画を立て、貴重な時間とお金を無題にしないように頑張りましょう。

 お正月明けに講習の申し込み申請し、3月の検定試験で合格し、11月の法令試験結果発表は翌年のお正月明けです。それから、免状の申請をして晴れて免状を手にするのは2月前後なので、最長1年以上「冷凍」の二文字に関わり続けます。(汗


試験日と願書

試験日

 毎年11月の第2日曜日(平成16年までは、第1日曜日)午前9時半開始と決まっているようです。

願書受付

 毎年8月の終わり1週間から9月の最初の1週間のようです。インターネット受付もできます。(当たり前の世の中になってしまいました。2007/4/29)
 (協会申し込みページは、「このサイトは、Internet Explorer 7、8、9、10、11に対応しています。」とのことです。注意してください。(2015(H27)年2月22日記ス))

講習検定は

1種冷凍は年1回のみです。検定試験日は5月の末あたり。申し込みは、3月中旬〜です。

2・3種は年2回(上期(前期)、下期(後期))あります。上期申し込みは4月上旬〜、試験日6月末ぐらい。下期(後期)申し込みは正月明け、試験日は3月初旬あたりです。

 詳細は、高圧ガス保安協会(KHK)

Back to top ↑


勉強について

静かなデスク

 冷凍機械責任者試験は年1回しかありませんので、不合格になると1年待たねばなりません。(検定講習の選択技もあるのですが。)

 ですので、余裕があれば早めに勉強を始めましょう。

 3冷を取得された方は2冷を、2冷を取得された方は1冷を、間が開かないように挑戦してみましょう。最初から2冷試験に挑戦する方は、早めに計画を立てて勉強を始めたほうが苦労しないと思います。今年は絶対に合格するぞと決意しましょう。


挫折

祝合格。乾杯。

 ある程度勉強が進むと、行き詰まる時が必ず?来ると思います。そんなときは、挫折などと考えずに軽く一息入れましょう。

 そして、もう一度、基礎のページを見てみましょう。すると、天上から一筋の光が!閃きがきっとあります。

 祝!乾杯!美味しいビールを飲みましょう。

Back to top ↑