3種「保安」内検索

冷凍装置の設計圧力と許容圧力

 圧力容器では、この「応力」がメインイベントかもしれない。圧力容器に発生する応力について、チクリチクリと出題される。

 P127~P129。3種冷凍試験は、式は覚えなくても良い。(今のところ…平成25年6月29日記す)内径が大きいとどうなるか、長さが大きいとどうなるか、厚みが大きいとどうなるか、とか考えれば良い。

 H27年度では「接線方向応力は長手方向の2倍」といったものが出題されました。式は覚えなくても良いが式の意味を理解しておくことが必要になるかも。(2016(H28)/08/20記ス)

Back to top ↑

薄肉円筒胴圧力容器は冷凍機の圧力容器

 画像をクリックすれば、大きな画像が別窓で開きます。

円筒胴応力の図

 円筒胴応力をまとめた図(1種学識計算攻略用に作成したもの)を掲載しておきます。ヒントでもつかめれば幸いです。

Back to top ↑

円筒胴の接線方向の応力

 接線方向単独の問題は、これしか見当たらない。(2013年(H25)7月2日記す)

 一問、増えました。(^^;)(2016(H28)/08/20記ス)

・薄肉円筒胴圧力容器の接線方向の応力は、内圧、内径および板厚から求められ、円筒胴の長さには無関係である H15/12 答え

【◯】 問題をじっくり読むこと、んで、接線方向の応力 σt=P・D1/2・t(式の意味)を、思い出す。

・圧力容器の円筒胴では、接線方向の引張応力は長手方向の2倍となる。 H27/12 答え

【◯】 これは、2種冷凍以上になると必須である。難化中!?の3種も必須になる!?この一文は記憶しておこう。テキストはP129上

Back to top ↑

円筒胴の長手方向の応力

 長手方向単独の問題は(も)、これしか見当たらない。(2013年(H25)7月2日記す)

・円筒胴圧力容器の胴板に発生する長手方向の引張応力は、円筒胴の長さが長くなるほど大きくなる。 H12/12 答え

【×】 σ1=P・D/4・t 長さには関係ない、内径(断面積)が大きくなるほど大きくなる。

 03/04/21 04/09/05 05/03/21 07/03/24 08/03/15 08/04/25 09/05/30 10/09/11 11/06/30 13/07/04 14/08/02

 『SIによる 初級 冷凍受験テキスト』7次改訂版への見直し、済。(14/08/02)

修正・訂正箇所履歴

【2016/06/10 新設】

  • -

Back to top ↑


【参考文献】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^