引っ越しました

 問題は、 「合理的運転と保守管理」>「低圧部の保守管理」へ引っ越しました。 (2020(R2)/01/02)

 05/09/16 07/12/13 08/06/29 09/03/14 10/10/06 11/09/05 12/04/25 13/12/05 14/08/28 15/07/01 16/12/17 17/12/09 19/06/23


乾式蒸発器(保安編)- 構造

 「保安」の問3あたりで出題されます。

 「上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会」<8次:P210「15.3 低圧部の保守管理」~>を一度熟読してみましょう。学識編(構造)の「蒸発器」<8次:P94~>あたりも読んであればなお良。


乾式蒸発器(保安編)- 蒸発温度・蒸発圧力

 「蒸発温度」というのは、冷媒が蒸発しているときの冷媒自体の温度のことです。

 「比体積が大きくなる」というのは、「密度が小さくなる(蒸気が薄くなる)」と、いうことです。『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P211左上 (2) 蒸発温度と冷凍能力


乾式蒸発器(保安編)- 液戻り

 「液戻りの発生原因と対策」を、勉強しておけば大したことはないと思います。

 テキストは…、とりあえず『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P213 15.3.5 液戻りの措置>を読む。


乾式蒸発器(保安編)- 凍結

 空調用の冷却器が凍結し(外気取り入れによって)パンクすると、フィンコイルから冷却水が吹出し床上浸水のようになる、さぁ大変。凍結には、気をつけましょう。

 『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P213右~P214>

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/09 新設】(← 履歴をここに作った日

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^