ろ過乾燥器(フィルタドライヤ)

 「附属機器」の問題は「保安」のみで問6(←多分、変わらない!?)で出題されています。

 『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P110~P111 (9.4 ろ過乾燥器(フィルタドライヤ))>を、一度読めば大丈夫でしょう。

Back to top ↑

ろ過乾燥器(フィルタドライヤ)

 年代順に並べてあります。  アンモニア冷凍装置 が、嫌になるほど出題されます。逃さないように。

全般

・フィルタドライヤは、冷媒中の水分を吸着して除去するために、一般に吸込み配管に取り付ける。 H16ho/06 答え

【×】 受液器出口(膨張弁手前とか)冷媒液管に付ける。

アンモニア

・フィルタドライヤは、アンモニア冷凍装置の水分除去に使用される。 H17/06 答え

【×】 引っ掛け!(というほどでもないかな。)
 でも、妙に悩んじゃう人がいるんだな、無くてもいいけどあっても良いのでは?なんてね。
<8次:P111右上 (9.4 ろ過乾燥器(フィルタドライヤ))の、最後。  通常、アンモニア冷凍装置には、ろ過乾燥器は使用しない。 ← キッパリ!

・アンモニア冷凍装置の場合、冷媒系統内の水分はアンモニアと結合しているため、乾燥剤による分離がむずかしい。 H21ho/06 答え

【◯】 難しいので、アンモニア冷凍装置では乾燥剤は使用しない。 ま、なんとなく◯にする問題。<8次:P111右上>

・アンモニア冷凍装置の冷媒系統に水分が存在すると、装置各部に悪影響を及ぼす。そこで、フィルタドライヤにアンモニア液を通して、アンモニア液中の水分を吸着除去する。 H24ho/06 答え

【×】 アンモニア冷凍装置では、使用しない。
 平成21年度と同等の問題。乾燥剤とフィルタドライヤは同じことです、惑わされないように。

・アンモニア冷凍装置の冷媒系統に水分が存在すると、膨張弁での氷結や金属材料の腐食など装置各部に悪影響を及ぼす。そこで、冷凍装置の吸込み配管にフィルタドライヤを取り付け、水分を吸着除去する。 H26ho/06 答え

【×】 アンモニア冷凍装置では、フィルタドライヤは使用しないのです! それから、吸込み配管には取り付けないのです! ----という、勉強している人にとっては「バカにすんな!」と絶叫してしまうような問題であります。

・アンモニア冷凍装置では、冷媒系統内の水分を除去するために、シリカゲルやゼオライトを内部につめたろ過乾燥器を用いる。 H28ho/06 答え

【×】 も~ね、アンモニア冷凍装置では、ろ過乾燥器(フィルタドライヤ)は使用しないのですよ!!と、声を荒げてしまうほど、出題数が多いのです。

・アンモニア冷凍装置に水分が混入した場合、冷媒系統内の水分はアンモニアに溶解するため、フィルタドライヤなどの乾燥剤による吸着分離がむずかしい。 H30ho/06 答え

【◯】 素直な良い問題ですね。

フルオロカーボン

・フィルタドライヤは、フルオロカーボン冷凍装置に使用される。 H13ho/06 答え

【◯】 ピンポン、フルオロカーボン冷凍装置は水分は大敵である。(アンモニア冷凍装置ではアンモニア水となるから微量なら大丈夫)

・フルオロカーボン冷凍装置の吸込み配管にフィルタドライヤを取り付け、冷媒系統内に侵入した水分をシリカゲルやゼオライトなどの乾燥剤で除去する。 H20ho/06 答え

【×】 引っかけかな。正しい文章にしてみましょう。

  フルオロカーボン冷凍装置の一般に高圧液配管にフィルタドライヤを取り付け、冷媒系統内に侵入した水分をシリカゲルやゼオライトなどの乾燥剤で除去する。

・フルオロカーボン冷凍装置には、一般に、吸込み配管にろ過乾燥器が取り付けられており、このろ過乾燥器に冷媒蒸気を通し、冷媒蒸気中の水分を吸着して水分を除去する。ろ過乾燥器に充てんされている乾燥剤には、シリカゲルやゼオライトなどが用いられている。 R01ho/06 答え

【×】 令和元年度はH20年度改良版!?これもバツですね。  冷媒液 なのよね。

  フルオロカーボン冷凍装置には、一般に、高圧液配管にろ過乾燥器が取り付けられており、このろ過乾燥器に冷媒を通し、冷媒中の水分を吸着して水分を除去する。ろ過乾燥器に充てんされている乾燥剤には、シリカゲルやゼオライトなどが用いられている。

・フルオロカーポン冷凍装置では一般に高圧液配管へフィルタドライヤを取り付けて、冷媒系内に侵入した水分をシリカゲルやゼオライトなどの乾燥剤で除去する。 H25ho/06 答え

【◯】 その通り!

・フルオロカーボン冷凍装置には、吸込み配管にろ過乾燥器が取り付けられており、このろ過乾燥器に冷媒を通し、冷媒中の水分を吸着して水分を除去する。乾燥剤としてシリカゲルやゼオライトなどを使用する。 H27ho/06 答え

【×】 吸込み配管ではなくて、冷媒液配管ですね。チョロい問題ですね!テキスト<8次:P111左上>

 05/05/21 07/12/07 08/01/20 09/03/08 10/10/10 11/07/28 12/05/20 13/09/21 14/09/20 16/09/15 17/03/04 19/09/24 20/01/09

Back to top ↑

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/26 新設】(← 履歴をここに作った日

  • テキスト8次改訂版へ対応済み。解説見直し。(2017(H29)/01/05)
  • 「全般」「アンモニア」「フルオロカーボン」に分割、文章見直し。(2019(R1)/09/24)
  • 「フルオロカーボン」のH20ho/06の解説文見直し。(2020(R1)/01/09)

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

Back to top ↑

^