平均温度差

エコーランドlogo

 テキストをじっくり読めば、何となく分かる。2種は計算問題ないし、過去問こなせば大丈夫。

 『上級 冷凍受験テキスト:日本冷凍空調学会』<8次:P79 (6.4 平均温度差)>です。

 過去問こなせば大丈夫なんて書いたけども、対数平均温度差とはなんぞ、算術平均温度差とはなんぞ、ということを理解していないと出題者にあなたはもてあそばれることでしょう。健闘を祈る!(2015(H27)/07/19記ス)

Back to top ↑


・熱交換器での伝熱量を算定する場合、熱交換器の両流体間の温度差は近似的には算術平均温度差を用いるが、より正確に求める場合は対数平均温度差を用いる。 H16ga/04
 答え

【◯】 入口と出口の温度変化は直線でないから、対数的に計算すれば正確。テキスト<8次:P80左上>

・冷凍装置の熱交換器における伝熱量の計算では、近似的には対数平均温度差を用いるが、より正確に求める場合には、算術平均温度差を用いる。 H16ga/04 H21ga/04
 答え

【×】 逆、逆。(平成21年度は16年度の問題文をコピペしたかもしれません・・)

・熱交換器における伝熱量の計算では、近似的に算術平均温度差を用いる。 H15ga/04 答え

【◯】 算術平均温度差で求めても誤差が少ない。<8次:P80左上>

・冷凍装置の熱交換器における伝熱量の計算には、温度差として算術平均温度差を用い、対数平均温度差を用いてはならない。 H18ga/04 答え

【×】 こ、これは、いやらしい引っ掛け問題と思う。 対数平均温度差を用いれば正確な計算ができるが、冷凍装置では算術平均温度差を用いても4%以内の差異であるため、簡単な計算(実用的)になる算術平均温度差を用いて伝熱量等の計算をしてもよい。テキスト<8次:P80>を読んで。

・熱交換器における伝熱量の計算では、対数平均温度差と算術平均温度差とは差があるので、正確な計算では対数平均温度差を用いたほうがよい。 H26ga/04 答え

【◯】 その通りだ!テキスト<8次:P80左上>ズバリ的。
 難関平成26年度でもサービス問題(かな)がある。

・熱交換器の出入口における両流体間の入口側温度差と出口側温度差との算術平均より求まる温度差を、算術平均温度差という。 H20ga/04 答え

【◯】 ぅむ。 テキスト<8次:右下 (6.31)式>の辺り。

・熱交換器内では、高温流体と低温流体の温度は熱交換により、それぞれ伝熱面に沿って流れ方向に変化する。平均温度差が同じ場合、並流(並行流)と、向流(対向流)を比較すると、高温流体の入口側温度差は向流の場合のほうが大きくなる。 H23ga/04 答え

【×】 答え「<略>高温流体の入口温度と低温流体の入口温度の差は並流のほうが大きくなる。」(「試験問題と解答例23年度編入版:日本冷凍空調学会」より)
 H23年度は、まったく疲れる。
 あとは、テキスト<8次:P79一番下 (図6.7 熱交換器内の流体の温度変化)>から、読み解くしかないと思われる。
並流概略図 向流概略図 並流温度分布概略図 向流温度分布概略図

・熱交換器内の流体の温度が変化する場合、伝熱面全体にわたっての平均熱通過率Kは、平均温度差Δtmを用いて、Φ=KAΔtmの比例定数として定義される。この平均温度差Δtmとして算術平均温度差を用いることによって、より正確に伝熱量Φを求められる。 H25ga/04 答え

【×】 ぅ~ん、テキスト<8次:P79>を開いて読むしかない…。
 ーー;)
 気を取り直して、「<略>この平均温度差Δtmとして対数平均温度差を用いることによって、より正確に伝熱量Φを求められる。」
 【雑言:お時間があればどうぞ。】



 こういうウンコ問題は、たいがいにしてほしいワ。こういう言葉遊びみたいな問題文は必要ないでしょう!あなた(試験問題作成者)は、知識を確認するためではなく、単に、試験の難易度を上げるために問題文を、ひねくりこねくり回したり、無理やり入れ替え差し替えたり、上にしたり下にしたり右にしたり左にしたり、そうして落とすのに快感を得ているのでは?…と、疑いたくなる。さらに、講習検定のほうが難易度が低いとか、そういう疑問をいだいてみたりしてしまう。特に冷凍機械<略>試験は…。 20年ほど前の試験は難易度は高いけども、今よりズッとやりがいがあったし、合格の満足感があったし、よし働くぞ!って希望に満ちたと思うよ。お役人仕事はやめなさい!あなたは、なんのために試験問題を作成しているのでしょうか。福一原発の凍土壁の成功につながる技術者育成のために、日本国の将来のために働きなさい。  …と、興奮ス。 (2014/09/15)

・熱交換器の伝熱量の計算では、対数平均温度差または算術平均温度差を用いる。正確な伝熱量の計算は、一般に対数平均温度差を用いるが、冷凍装置の熱交換器における伝熱量の計算では、実用的に算術平均温度差を用いることもある。 H28ga/04 答え

【◯】 そうですね。 テキスト<8次:P80左上>ズバリ的。

 05/05/29 07/12/11 08/01/27 09/03/12 10/09/27 11/08/01 12/05/08 13/10/08 14/09/15 15/07/19 17/03/08

Back to top ↑

Back to top ↑

修正・訂正箇所履歴

【2016/07/18 新設】(← 履歴をここに作った日

  • この頁、8次改訂版への見直しを見逃していたようなので、いろいろ修正・カット・追加した。(2017/03/08)
  • 冒頭の見出しが間違っていたので「平均温度差」に訂正。(2017/08/26)
  • 図を追加、文章見直し。 (2019(R1)/09/21)

Back to top ↑

【参考文献・リンク】

  • SIによる初級受検テキスト:日本冷凍空調学会
  • 上級受検テキスト(SIによる上級受検テキスト):日本冷凍空調学会
  • 冷凍機械責任者(1・2・3冷)試験問題と解答例(13):日本冷凍空調学会
  • 第3種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院
  • 第1・2種冷凍機械責任者試験模範解答集 :電気書院

Back to top ↑

^